生理前 体重 減少

生理前に体重が減少した!考えられる理由は?

 

生理前に体重が減少するケースでは、体の血流不良が原因となっている場合もあります。

 

生理前になると、体に水分が溜まりやすくなり、血流も滞りがちになってきます。

 

血流が悪くなることにより、体の各臓器に十分な栄養分が届きにくくなってくるため、消化吸収が悪くなってしまうのです。

 

胃腸の働きが血行不良により悪くなることで、十分な栄養成分を吸収できなくなってしまう為、体重も落ちやすい状態になってきます。

 

血流の悪さについては、運動を行うことで解消することができます。

 

血行不良に悩みを感じている方は、生理前から軽い運動に汗を流すことにより、体重減少を防止しやすくなるでしょう。

 

さらに、生理前の体重減少については、生殖機能が臓器を圧迫することにより起こりやすくなってきます。

 

生理前になると、子宮が膨らみ胃を圧迫するようになるのですが、下から胃を圧迫されることにより、食欲自体が減少しやすくなるのです。

 

Sponsored Link

 

胃の痛みを感じたり不快感も感じやすいという方については、臓器を圧迫されている可能性が高くなってくるため、胃に負担のない食べ物を摂取してみるとよいでしょう。

 

胃に負担がかかる油ものを多く食べすぎていたり、甘いものを食べて胃に負担を与えている方は、より食欲が落ちてしまう心配が出てきます。

 

胃が弱っている状態で負担の大きな食物を食べることにより、痛みや不快感も増大してくるため、軽い食べ物を食べてみるとよいでしょう。

 

脂肪分が少なく、消化しやすい食べ物を積極的に摂取することにより、痛みを感じにくくなってきますし、消化吸収もよくなってくるため、体重の減少をストップさせられるようになるのです。

 

十分な栄養分を消化吸収できることによって、生理前の体に栄養分を与えられるようになり、自律神経の働きも改善しやすくなってきます。

 

体のことを考えたときには、胃に負担を与えないように、軽い運動を行ってみたり食事に気を使うと効果的になるでしょう。

 

Sponsored Link