生理前 体温が下がる

生理前に体温が下がる?気になる理由は?

 

自分の体のリズムを知るためには、基礎体温をつけるといいと言われています。

 

特に基礎体温をはかることで、妊娠したいと思っている人は妊娠しやすい時期もわかってくるのです。

 

通常の体温というのは、高温期と低温期にわかれています。その変化は、女性の生理の周期と大きく関係しているのです。

 

生理前になると体温が下がるという言い方をするのが一般的ですが、実はこの生理前の時期は、基礎体温が下がるというよりも、本来の自分の基礎体温に戻るというほうが正しいのです。

 

妊娠への準備をすすめていたからだが、ホルモン分泌をおさえて、また新しい卵を生成するという体調がとても安定している時期でもあるのです。そして、生理が終わったら、だんだんと体温が上がってくるのです。

 

卵巣で育った卵が出てくるときに、一度がたんと体温が下がるのですが、その日を境として、排卵日から黄体期にかけて体温はぐんぐんと上昇していくのです。

 

これは、内膜をつくったり、子宮の中の環境を整える女性ホルモンであるエストロゲンと、プロゲステロンの分泌が増えるからだといわれています。

 

このように基礎体温が上がったり下がったりする原因は、体が赤ちゃんを迎えようとしているための変化からきているのです。

 

Sponsored Link

 

生理前の体というのは、高温期が終わりにさしかかって、だんだんと体温がさがってくるのです。そしてやがて生理がはじまって、低温期を迎えるという流れになっているのです。

 

もしも妊娠をしていたら、体温が下がらないでそのまま高温期を保つことになります。

 

もしも、生理の予定日当日になってもなかなか体温が下がらないということになったら、妊娠をしているかもしれません。

 

病院にいっても確認をすることができますが、妊娠検査薬で確認をすることができます。

 

生理前に体温が下がることが気になるという人がおられるかもしれませんが、それは女性であれば当たり前のことなのです。全く心配をする必要はありません。

 

Sponsored Link