生理前 体温 何度 37℃

生理前の体温は何度まで大丈夫?37℃以上の場合は?

 

毎月きちんと基礎体温を記録している方なら自分の高温期と低温期を把握しているでしょう。

 

女性の場合は生理が始まると急激に体温が下がります。

 

正確には生理前から徐々に下がっていくため、体温を測っていて下がったと思ったら生理前の合図として捉えることができます。

 

生理が終わってから二週間程度はそのまま低温期が続きます。何度が低温期かというと36℃台であれば問題はありません。

 

しかし低温期は何度でも良いというわけではなく、36℃台よりも下がる場合はホルモンバランスが乱れている可能性があるので注意が必要です。

 

低温期が終わると高温期に入ります。高温期は生理前まで続きますが、37℃近くまで上がったり時には37℃を超える場合もあります。

 

この時期の特徴としては熱が37℃近くまで上がるため、体がだるくなったり体調を崩しやすくなることがあります。

 

37℃以上まで上がる場合でも37.5℃まで上がる場合は他の病気の可能性が出てくるでしょう。

 

Sponsored Link

 

体がだるいと感じたら熱を測り何度あるかを確認する必要があります。

 

他の症状を確認しながら判断することになりますが、風邪等の感染症の可能性もあるので慎重に行動しましょう。

 

安静にしていても熱が下がらない場合は速やかに医療機関を受診した方が安心です。

 

生理前の高温期は約二週間程続きますが、体温が下がらずに高温が続いているようなら妊娠の可能性も出てきます。

 

通常高温期は二週間程度ですが、さらに五日が経っても生理がこない場合は妊娠していることも考えて薬を服用しないように気を付けましょう。

 

ただ妊娠検査薬は生理予定日の一週間後になってから使用しないと正確な結果を出すことはできません。早く使っても再度使用する必要が出てくるので、もう少し待ってから検査薬を使うようにしましょう。

 

妊娠を望む方は基礎体温を記録する習慣を付けた方がいいですね。基礎体温からは排卵の時期も判断することができます。低温期が終わる頃がちょうど排卵の時期となります。

 

Sponsored Link