生理前 出血 下腹部痛

生理前の出血と下腹部痛の原因は?

 

生理前なのに出血してしまう人もいるかもしれませんが、この出血の原因は大体ホルモンバランスの乱れが原因です。

 

ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、受精卵の着床に備えるために働いていますが、これらのホルモンが減少し、子宮の内膜がはがれると生理になります。

 

ではなぜ生理前に出血が見られるかというと、ストレスや肉体的な疲労などでもこれらのホルモンが減少してしまう場合があるからです。

 

そういうときは生理前でも少量ですが出血が起きてしまいます。つまり、女性にとってホルモンのバランスと子宮には大きな繋がりがあるということになります。

 

また、生理前や生理中によく起きる現象として下腹部痛があります。

 

痛みには個人差や症状が異なりますが、それほど心配のない下腹部痛というのがあり、こちらもホルモンと深いかかわりがあります。

 

一般的には生理前や生理時に便が何日間か出ない場合にも下腹部痛は起こりますが、それ以外ですと月経前症候群といわれるものに値します。

 

Sponsored Link

 

月経前症候群はPMSともいい、眠気やイライラなどを伴うこともあります。つまりホルモンのバランスが乱れることにより起こる痛みや憂うつです。

 

同じような症状が同じ周期でやってくる場合はそれほど心配はいりませんが、出血がひどかったりあまりにひどい痛みである場合には病院へ行って検査をしたほうがよいでしょう。

 

PMSを改善し悪化させないためにはホルモンを意識した生活を心がけましょう。

 

生理が来てしまうのは女性にとっては必然ですが、バランスを心がけることによって下腹部痛やイライラを軽減させることができます。

 

そのためにはまず生理前と生理の自分の状態やサイクルを客観的に知り、食生活を見直してみましょう。

 

ストレスは避けたほうがいいですが、多忙で難しいというかたには数時間でもストレスを解放する場を持ってみましょう。

 

ビタミンB6の摂取がPMSを軽減するといわれているので、日頃から積極的に体内に取り込んでおくと、改善に役立ちます。

 

Sponsored Link