生理前 出血 少量 腹痛

生理前に少量の出血と腹痛!原因は?

 

やっと生理が終わったと思ってしばらくした頃、少量だけど出血したら、驚きますよね。

 

しかもなんとなく腹痛もあるし、不安になる方も多いことでしょう。

 

生理前にもかかわらず出血がある場合、いくつかの原因が考えられます。

 

まずは排卵性出血です。

 

生理が終わり、二週間ほど経った頃になると、女性の体は排卵します。

 

排卵するとき、卵子は卵巣を突き破って出てくるのですがその際に、卵巣の毛細血管を突き破りながら出てくることがあるのです。

 

卵管が卵子を吸い込む時に一緒にその毛細血管を破って出てきた血液を吸い取り、それが子宮や膣をたどって体の外に出てくるため、少量の出血を感じられることがあるのです。

 

これは生理現象の一つなので腹痛を伴っても心配はなく、1〜3日で痛みとともに収まります。

 

Sponsored Link

 

腹痛を伴うのは、血だまりが腸や内臓を押すために痛く感じるようです。

 

生理前に少量の血が出る他の原因として、着床出血というのがあります。

 

これは、体が妊娠の準備をするために子宮内に内膜を作るのですが、その子宮内膜が少し剥がれておりものと一緒に外へ出てくる時に、少し出血する場合があります。

 

これには個人差があり、本当に少量であるため出ていても気づかない人も多いと思います。

 

その他、生理前の出血として、ホルモンバランスの乱れや生殖機能の異常や婦人科系の病気を抱えている可能性など原因はまだ様々あります。

 

特に、ストレスや不規則な生活などによって起こるホルモンバランスの乱れは、急激に黄体ホルモンが増えることによって生理前なのに内膜が剥がれ落ちて少量出てくることもあります。

 

やはり、生理前なのに出血すると不安になる人が多いと思われますので、あまりに心配であれば一度婦人科で診察を受けることをおすすめします。

 

それによって何か子宮筋腫などの病気を持っているのか、あるいはただの排卵性のものなのかわかれば、気持ちも安定することでしょう。

 

女性の体は様々な影響を受けやすく、それによって何かしらのサインが出ることがありますので、専門医に診てもらうなどの早めの対処を日頃から考えておくことが大切になってきます。

 

Sponsored Link