生理前 食欲 いつから なくなる

生理前の食欲はいつから?どうすればなくなるの?

 

生理前に食欲が出てしまうようなことはよくありますが、いつからというその期間には人それぞれ違いがあります。

 

だいたい生理が来る1週間前くらいに変化が起こることが多いですが、1週間前くらいになると急に甘いものが食べたくなったり、満腹になるまで食欲がおさまらないようなことがあります。

 

これはホルモンバランスの乱れが原因になっていることが多く、精神的なイライラが食欲に影響しているようなこともあります。

 

ですからこの期間にたくさん甘いものを食べてしまうことによって太ってしまったり、吹き出物が多く出てしまうようなこともあります。

 

生理前の食欲が出てきたと感じるようなことがあったら、自分で意識して甘いものを控えるようにもしましょう。

 

こういった食欲は生理が終わってしまうと自然になくなることがほとんどですが、いつからいつまででなくなる、といった決まった期間はないので、生理が近くなってきたら食欲には注意することが必要です。

 

Sponsored Link

 

また、生理前の食欲と同時にむくみも感じるようになることが多いので、むくみがなくなる食べ物を多く摂取するようにするといいでしょう。

 

朝のグレープフルーツはむくみ防止にもなるのでいいですし、辛い刺激物はむくみ原因になることも多いので避けたほうがいいでしょう。

 

むくむ期間というのも、いつからいつまで、ということはないので、自分の体の変化を感じて対処していくしかないでしょう。

 

また、生理前の食欲も、長い人だと生理2週間前くらいから感じる人もいます。

 

意識してしまうと食べてしまうことが多いので、できるだけ仕事や運動、趣味で気を紛らわせて解消していくといいでしょう。

 

また、水などの飲み物で紛らわすのもいい方法です。

 

そして冷えは生理が遅れたりしてホルモンバランスの乱れにつながるので、運動して生理の周期を正常にしていくことも大事です。

 

生理の周期を安定させることは更年期障害を防ぐことにもなりますし、生理による食べ過ぎ予防にもなるでしょう。

 

Sponsored Link