生理前 出血 少量 ピンク

生理前にピンク色の出血!少量の場合は大丈夫?

 

生理前のおりものがピンクの場合、血が混ざっている場合があります。

 

おりものに血が混じること自体は珍しいものではありません。ピンク色のおりものが出た場合には、それが正常なものか病気によるものなのかという違いを区別しなければいけません。

 

生理前にピンク色のおりものが少量で生理の出血に比べるとずっと少ないという場合には、着床出血の場合があります。

 

着床出血の場合には、少量の出血をしている期間は、2,3日から一週間程度で、生理よりも期間が短めです。

 

また、ピンクとも限らず、茶色や、真っ赤などの場合もあります。

 

生理前の少量の出血は、生理と確実に判断できる決定的な違いはなく、生理予定日を数日すぎても、いつまでも生理がこなくて、基礎体温も高温を維持したままであったなら、妊娠の可能性が高くなります。

 

日ごろから基礎体温をつけて、排卵日がいつころなのか、生理周期半何日くらいなのか等を把握しておくことが大切です。

 

Sponsored Link

 

着床出血以外のピンクのおりものが出る要因として、不正出血の場合も考えられます。

 

子宮頸がんや子宮体がんなどによるものの場合は、悪臭を伴うことも多く、増加も見られます。50代から60代の閉塞前後の年代が発症しやすい傾向にあります。

 

次に、子宮頸官ポリープの場合には、膣を結ぶ子宮頚管の粘膜が増えて子宮口からはみ出して、膣に向かって垂れ下がった状態になったもので、ホルモンバランスの影響や細菌感染が関係している場合があり、妊娠してポリープが見つかった場合には、妊娠に悪影響を及ぼしてしまう場合もあるので、注意が必要です。

 

萎縮性膣炎は、他にもかゆみや臭いを感じる場合があり、萎縮性膣炎は閉塞によって卵巣機能が停止したり、主要などの治療のために卵巣摘出を行った女性に多くみられます。

 

膣粘膜の萎縮や膣の乾燥によって雑菌が繁殖なりやすくなって炎症を起こす原因となります。

 

他にも、強いストレスなどを感じることによって、生理期間中じゃなくても出血することがあります。ホルモンバランスの乱れによって、おりものに血が混ざって、ピンクのおりものになります。

 

まずは心配なのであらば、産婦人科での検査をすることをお勧めします。

 

Sponsored Link