ピル 生理前 体重

ピルで生理前の体重増加は抑えられる?実際は?

 

ピルの服用効果は良く知られていますが、副作用として食欲が増したり、体重が増加する事が分かっています。

 

個人差は存在するので、生理前と体重が変化しなかったり、ピルから影響を受け難い事はあり得ます。

 

しかし、一般的に体重の点で気にする場合が多いですから、それだけピルの服用で食欲に影響する事が考えられます。

 

科学的に直接ピルが体重を増やす事は認められていませんが、経験的に生理前の体調変化は起こりますし、海外でも同様の副作用が実感されています。

 

生理前のピル使用で体重が変わるのは、単純に脂肪の蓄積が原因とは限らず、様々な影響が起こっていると考える事が出来ます。

 

僅かな体重増加がピルの使用で起こったなら、生理前とは違う体内のナトリウム量増加が原因の一つです。

 

塩分の要素であるナトリウムは、水と馴染み易い性質を持ち、蓄える効果がある事から、蓄積された部分の水分量を増やし、体重の増加に繋がっているといえます。

Sponsored Link

 

それ以上の変化が見られた場合は、ピルの影響がホルモンの働きを増進させ、食欲を強めていると判断出来ます。

 

また、食欲が高まるだけではなく、栄養吸収効率の上昇も同時に起こるので、通常時より生理前からピル服用にかけてが体重を増やす期間になります。

 

痩せる目的で薬を服用するのは、生理前の体調や効果を考えておすすめではありませんし、逆に働く可能性が高い事を念頭に置くべきです。

 

将来的に研究が更に進めば、具体的な作用や変化が詳しく分かり、良い使い方の実現に発展する可能性があります。

 

今は明確な生理前に起こる、薬の働きは確認されていませんから、憶測や一部の研究結果に基づき判断している状況なので、信頼出来る情報源が不足している状態です。

 

つまり、個別に薬の使用者が経験則から判断したり、他者の意見を参考にして服用しているのが現状です。

 

この状態が厄介なのは、医療関係者の間でも意見が分かれ、質問に対し帰ってくる言葉が違う事からも、生理前の悩みと対処法を混乱させる原因になっている点にあります。

 

Sponsored Link