ピル 生理前 食欲

ピルで生理前の食欲を抑えることは出来るの?実際は?

 

女性の生理前には、いくつかの心身的な変化があります。たとえば、便秘になりやすくなったり、イライラしたりなどです。

 

その他にも代表的な症状として、食欲が抑えられなくなることがあります。

 

生理前は、食べても食べてもまだ食べたいと感じたり、甘いものを無性に食べたくなる女性は多いです。

 

なぜこのような症状が起こるかというと、排卵後に多く分泌される黄体ホルモンの影響です。

 

そもそも黄体ホルモンは、排卵以降から生理までの時期に多く分泌されます。この時期には、身体が妊娠しやすい状態へと変化する時期といえます。

 

よって、体内で黄体ホルモンが増えることで、赤ちゃんを迎える準備が始まります。なので、体が栄養をたくさん欲しがるようになります。それで、自然と食欲が増進します。

 

Sponsored Link

 

生理前の食欲を抑えるには、ダイエットピルが有効とされています。いくつかあるダイエットピルの中で一番注目されているのが、サノレックスといわれるものです。

 

このサノレックスというピルは、人間の満腹感を感じる満腹中枢を刺激することで空腹感を満たすものです。

 

ピルを常飲することで、無理に食事を我慢しなくても食べる量を減らすことができます。食べ物への過度な執着がなくなりますので、イライラを感じることもありません。また、サノレックスには体の代謝をよくすることで体重を減らす効果もあります。

 

サノレックスの効果的な服用方法は、1日1回昼食前に服用することが決まりです。

 

サノレックスは非常に効果的ですが、いくつかの注意点があります。それは、副作用の恐れがあることです。副作用として考える症状は便秘、吐き気、不眠、喉の渇きなどが挙げられます。

 

また、稀にうつの副作用もあるので、必ず服用の際には医師との相談が欠かせません。

 

その他にも、サノレックスは長期での服用は基本的行わないほうが良いです。服用期間はできる限り3ヵ月を限度とするようにします。

 

上記の点に注意すれば、安全に効果を感じられます。

 

Sponsored Link