生理前 吐き気 発熱

生理前の吐き気と発熱について!原因は?

 

女性の身体はホルモンバランスが変わりやすいように作られています。卵胞期と黄体期と呼ばれており、その影響からさまざまな症状が出てきやすいのです。

 

特に生理前には吐き気や発熱などの症状が出る人もあり、吐き気や発熱だけではなくめまいやだるさ、腰痛など症状はさまざまです。
生理前に起こる発熱の症状の原因は「王大ホルモン」が増加しているためとされています。

 

これは生理が終って卵胞ホルモンが増えることによって自然と熱は下がって行きます。

 

その際は急に体が冷えた状態になってしまうため、体調の変化に注意することが大切です。

 

吐き気の原因は、女性ホルモンの一つである「プロスタグランジン」が増えるためといわれています。

 

これは子宮の収縮を促して生理の経血を体の外に排出しやすくする働きをします。

 

しかしプロスタグランジンが増えすぎると、腹部に強い痛みを感じたり、血管を収縮させて腰痛やだるさだけではなく、胃腸の働きも影響を与えるため下痢や吐き気などの症状も現れてしまうのです。

 

Sponsored Link

 

これを抑えるためには生理痛の鎮痛剤などを服用することや体を冷やさないことによって、プロスタグランジンの過剰な分泌を抑制するなどの方法をとることができるようになります。

 

生理前のこのような症状によって、イライラするなどの不快な症状も伴ってしまうことも多くあります。

 

このような症状を改善するためには日頃の食事や運動などの日常生活を改善したりストレスを解消することによって改善することができるようになります。

 

食事は、良質なビタミンやミネラルを摂取して、栄養バランスのとれた食事にすることが重要です。

 

むくみなどの症状が伴う場合には塩分を控えたり、カフェインの含んだコーヒーやアルコールなどを控えることによって精神が安定します。

 

運動も、生理前は水分をため込みやすくなっている状態のため、一週間に三回程度30分?1時間ほどウォーキングやジョギング、水泳などを行うことが余分な水分を排出し、血行を良くするのに効果的になります。

 

Sponsored Link