生理前 下痢 嘔吐

生理前の下痢と嘔吐が止まらない!対処法は?

 

生理は女性の身体にとって、とても重要な症状です。正常な生理がくるということは、子宮が正常に働いているということなのです。将来可愛い赤ちゃんを産むための、大切な準備をしている証となるのです。

 

しかしそうは言っても、毎月くる生理は女性にとって嬉しいことばかりではないようです。実際は生理中に不快な症状を伴ったりすることも多く、日常生活に負担や影響が出てしまうこともあります。

 

また生理中だけでなく生理前にも、すでに不快な症状が現れる人も少なくないのです。生理前の困った症状には、下痢や嘔吐が上げられます。

 

その症状の原因となるのが、PMSという生理前症候群と呼ばれるものが関係しているといわれています。

 

PMSの症状というのが、頭痛や腰痛、下痢、吐き気、めまいなどの身体の不調です。そしてイライラや不安感、うつ状態などといった心の不調も起こるといわれています。

 

排卵後から次の月経が始まるまでの黄体期間に、このようなPMSの症状が出てくるようです。

 

このPMSは、人によって症状の重さが異なることがわかっています。

 

身体や心の不調は、外見からは理解されにくいものです。そのため周囲の人たちにわかってもらえず、苦しんでいる女性もいるのではないでしょうか。

 

毎月のPMSの症状を少しでも軽減するためにも、自分でできる改善法や対処法を知っておくことが大切です。

 

Sponsored Link

 

生理前の下痢の症状の原因となっているのが、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンです。

 

黄体ホルモンが多く分泌されているときは、女性の身体は便秘気味になります。その反対に黄体ホルモンの量が減少すると、大腸の働きが活発になって下痢をしやすくなるのです。

 

この症状を予防するには、辛い食べ物やお酒、コーヒーなどといった腸への刺激物を避けることが大事です。

 

またお腹を冷やさないように、腹巻をするなどの工夫をすることもポイントとなります。生理前の嘔吐の症状を予防するには、下痢と同様に身体を温めることが大切です。

 

それでも嘔吐の症状が辛いときには、病院でピルや漢方などを処方してもらえるように相談してみると良いでしょう。

 

Sponsored Link