生理前 下痢 何日前

生理前の下痢は大体何日前から起こる?理由は?

 

生理前には様々な現象が起こります。人によって気分が優れなかったり、精神的にも非常に不安定になる人もいるでしょう。
また、肉体的に変化が起こる人もいます。そのひとつが下痢です。

 

下痢が起こるのは、さまざまな説があります。だいたい生理開始日前の5日から3日くらい前ともいわれていますが、その人その人によっても個人差があるというのが現状でしょう。

 

また、人によっては決まっていなかったり、時に生理中にまでズレこむこともあります。

 

このため、生理前に下痢がある、というのは有名な生理前症候群の一つの症状となっていますが、明確に何日前ということが決まっている人も入れば、そうではない人もいます。

 

とはいえ、いつも快調なのに生理前だけ不安定になるとか下痢をするというような場合は、この生理前症候群だと思ってもいいでしょう。

 

Sponsored Link

 

ところでこのように下痢をする原因ですが、明確な理由はわかっていません。ただ、必ず生理の何日前かから始まるため、いくつかの理由が考えられています。

 

ひとつはホルモンバランスの不安定さです。これは何かというと、生理前にはホルモンバランスが崩れ体調を崩しやすくなるということです。とはいえ、これは何日前ということも決まっていない場合があります。バランスが崩れているので、暖かくしてリラックスして過ごすことが大事です。

 

もうひとつは生理の時、体はなるだけ様々なものを排出しようという動きを見せます。これは体にたまった様々な悪性物質や老廃物などを排出するためのもので、生理の時に起こるものです。

 

様々なものを出そうとするのでトイレも近くなり、その影響が下痢として現れるというものです。比較的軟便になりやすいのもこの時期の影響でしょう。

 

また、この時期は体がデリケートになっているため、少しでも冷やすとその影響が出てくるということもあるようです。このため、風邪をひきやすかったり体調を崩しやすいということがあるようです。

 

Sponsored Link