生理前 不正出血 少量

生理前の不正出血の原因は?少量なら問題ない?

 

女性には毎月生理というものがあり、煩わしいものではありますが、この生理が健康のバロメーターであることも多く、女性に取っては切り離して考えることのできないものです。

 

一口に生理といっても、初潮を迎える時期から始まり、生理周期、続く期間、生理痛の有無、経血量などそれぞれに違いがあるといわれており、同じ女性であってもちょっとした体調の変化、年代で違いが生じたりすることも多く、それが婦人科疾患などの前触れであったりすることもないとは言いきれないので、自身の生理は毎回きちんと観察し、記録を残しておくことが望ましいです。

 

女性が生理前に不正出血を体験すると、何か病気になったのかとどきっとすることも多いですが、生理前の少量の不正出血は、それほど珍しいことでもなく、慌てて婦人科を受診する必要はありません。

 

最も多いのが排卵日出血で、ごく少量の不正出血が生じることもあります。

 

こういった不正出血は何日も続くことはありませんし、普通の日用のナプキンがいるほどの出血も起こらないのが普通で、その後はいつもの決まった周期で生理が始まるので心配ありません。

 

しかし、あまりにも出血の量が多い場合や、性交渉後の不正出血は、子宮頚部に何らかの炎症を起こしていることが多いので、婦人科検診をきちんと受けることをお勧めします。

 

Sponsored Link

 

また、早い女性で、三十代後半ともなれば、徐々に生理の様子に変化が現れることも多く、生理前に少量の出血があり、その後ずいぶん遅れてから本来の生理がやってきたり、閉経期に向かって行くに従い生理が狂い始める方もおり、女性ホルモンの分泌量の影響を受けることで、生理に様々な変化が見られることも多々あります。

 

このような時期は、生理周期が大きく狂ってしまうため、お肌や体調が悪くなってしまったり、意外なことに予期せぬ妊娠をしてしまう女性も多いので、注意が必要です。

 

また、三十代を過ぎれば、定期的な婦人科検診は受けるべきで、その際には不正出血の事実については申告しておいたほうが良いので、きちんと記録しておきましょう。

 

Sponsored Link