生理前 腹痛 腰痛 吐き気

生理前の腹痛と腰痛、吐き気の特徴!対策は?

 

生理前になると体に様々な不調が現れてくることがあります。例えば、腹痛や腰痛、熱っぽくなったり、倦怠感やイライラするなどの症状が起きる人も少なくありません。
それは、PMSと呼ばれる月経前症候群による症状です。人によって症状や症状の感じ方は異なりますが、腹痛や腰痛、吐き気などを伴う人が多いようです。

 

生理前に腹痛や腰痛、吐き気が起きる原因は、女性ホルモンにあります。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあって、排卵期から生理が始まるまでに分泌されるのが、黄体ホルモンです。

 

黄体ホルモンが分泌される約2週間は、自律神経のバランスがくずれやすくなって、腹痛や腰痛、吐き気などの症状が起きやすくなります。

 

また、生理前から生理中には、プロスタグランジンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

 

これは、子宮を収縮させて血液を体内に出しやすくするホルモンで、このホルモンの量が多いと子宮の収縮が強くなるため、腹痛や腰痛が起きます。

 

これが、生理痛で生理前にも分泌されます。また、プロスタグランジンは、胃腸にも影響を与えるので吐き気を伴うこともあります。

 

Sponsored Link

 

また、生理前の腹痛や腰痛、吐き気は妊娠初期の症状と似ているのが特徴です。

 

どちらも鈍い痛みや違和感が下腹部に起きるため、見分けがつきませんが、基礎体温をつけている人であれば、高温期がずっと続くようなら妊娠の可能性が高いです。

 

プロスタグランジンの分泌を抑えるためには、体を冷やさないようにすることです。

 

血行が悪くなるとより血液が滞りやすくなり、体内へ出そうとする働きが強くなるので、さらに収縮が強くなります。体をできるだけ温めて血行をよくすることが大切です。

 

食べ物でもプロスタグランジンの分泌を抑えることができます。

 

マグネシウムやビタミンB6は、子宮の伸縮を抑えてくれる役割があります。

 

マグネシウムは、大豆やアーモンドに多く含まれ、ビタミンB6はまぐろやサバなどの魚に多く含まれるので、積極的に摂るようにするとよいでしょう。

 

Sponsored Link