生理前 腹痛 胸の張り

生理前の腹痛と胸の張りは問題ない?対処法は?

 

個人差はありますが、生理前になると腹痛や胸の張りなど、身体に様々な症状が出てきます。

 

これはPMS(月経前症候群)の症状の一つで、身体に異常があるわけではなく、問題もありません。

 

女性は生理前になると女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が盛んになってきます。

 

この時期を黄体期といい、ホルモンの影響で身体や心が不安定になりやすくなります。

 

では、そんな症状をやわらげる為には、どんな対処法をとっていけば良いのかを見ていきましょう。

 

 

<PMSによる腹痛の症状には>

 

PMSの時期に起こる腹痛の対策には、普段から食生活や生活習慣に気を配るのが一番です。

 

バランスのとれた食事を毎日きちんと摂り、血行を良くするために軽い運動やストレッチなどをしましょう。

 

普段からお腹を冷やさない事も大切です。下腹部をカイロで温めたり、温かい食事や飲み物をとって身体を内側から温めるようにしましょう。

 

あまりに痛みがひどい場合や何をしても症状が治まらないという場合は、医師の診察を受け、ピル(経口避妊薬)を処方してもらい、服用して排卵を止める治療法もあります。

 

Sponsored Link

 

<PMSによる胸の張りには>

 

女性の身体は生理前(黄体期)になると妊娠に備えて乳腺の細胞が変化し、乳腺の血管が広がったり乳腺の組織が変化しますが、これによって胸の張りや痛みなどの症状が出てきます。

 

こちらも腹痛の対処法と同じようにバランスのとれた食生活と規則正しい生活習慣が基本となります。

 

ホルモンに影響による不調には、女性ホルモンの働きやバランスを整える作用がある大豆製品などを摂るのがおすすめです。納豆や豆乳、豆腐など、普段の食事にバランス良く取り入れてみましょう。

 

そしてストレッチやウォーキング、体操などの軽い運動をして身体の血行をよくし、ストレスを溜めこまないようにするのも大切です。

 

いずれも痛みや張りがひどい場合や、症状が長く続く場合などは他の病気の可能性も考えられます。症状に不安を感じた場合は病院へ行き、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

Sponsored Link