生理前 腹痛 ガス

生理前の腹痛!ガスが多く出る場合は大丈夫?

 

生理前に起こる腹痛は、下痢や便秘、お腹にガスが溜まりやすくなるなどのさまざまな不調を伴うことも多くあります。これらの不調は、月経前症候群(PMS)の症状として起こることがわかっています。

 

排卵後から生理が来るまでの期間は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなります。

 

妊娠を助ける働きを持つ重要な役割を持つ黄体ホルモンには、体内の水分を保持したり食欲を増進する働きもあります。

 

この黄体ホルモンの働きにより、生理前になると食欲がコントロールしにくくなります。

 

また、生理前は血糖値が下がるため、甘いものが食べたくなります。食欲が旺盛になることで、胃腸に負担がかかり、消化がうまくいかなくなります。

 

すると、腸内の悪玉菌が甘いものや脂肪を腐敗させ、有害物質を発生させます。そのため、腹痛や腹部の膨満感を感じたり、ガスがお腹に溜まったりしやすくなります。

 

Sponsored Link

 

さらに、普段から便秘や下痢の症状が起こりやすい人は、生理前には症状が酷くなりがちです。

 

腹痛になりやすかったりガスが溜まりやすいという人は、日頃から排便のリズムをきちんと整えるように心がけましょう。

 

腹筋を鍛えることは便秘の解消にも効果的です。毎日少しずつ、腹筋を使った運動やストレッチなどを取り入れるようにしましょう。

 

また、食欲のコントロールが難しい時期ですが、一度に大量に食べたり、糖分が多く含まれるものを食べたり飲んだりしないように気をつけましょう。

 

血糖値を急に上げないように、炭水化物は少量ずつ何回かに分けて食べると良いでしょう。

 

甘いものが食べたいときは、小豆を使った和菓子などがおすすめです。下半身がむくむ場合には、食事の塩分量を減らすことも大切です。

 

そして、水分が溜まりやすい時期でもあるので、有酸素運動を取り入れることもおすすめです。体調に差し支えない程度に、軽いジョギングやウォーキングなどを行い、余分な水分を排出するようにしましょう。

 

月経前症候群は病気ではありませんが、症状が重い場合には薬や治療によって症状を軽減することも出来ます。つらい症状で悩んでいる場合は専門医を受診してみて下さい。

 

Sponsored Link