生理前 出血 40代

40代の生理前の出血について!原因と対処法は?

 

女性は12歳、13歳頃から初潮が始まり、40代半ばから50代前半までの更年期に入ると、女性ホルモンの分泌量が低下して妊娠する能力がなくなります。

 

40代に入ると、無排卵が起こりやすく、生理前の不正出血が見られることが多くなります。

 

茶色っぽい出血が見られることが多いですが、鮮血の場合もあります。

 

不正出血か生理かわからない時は、生理用ナプキンを使用して様子を見るようにして下さい。

 

生理前の出血が見られる場合がありますが、閉経に向かっている場合は特に問題がないことが多いです。

 

40代や子宮筋腫や子宮がんなどの病気に罹りやすい時期なので、出血が少量でも臭いが強かったり、出血量が多かったり、腹痛などを伴う場合は、病院で診察を受けるようにして下さい。

 

若い20代や30代の場合は、ホルモンバランスの乱れが原因で不正出血をすることが多いですが、更年期の時期は卵巣機能が低下することで起こることが多いです。

Sponsored Link

 

40代の年代の人は、お子様が就職や結婚を経験したり、配偶者が昇進したり、両親の介護などを経験する人が多く、精神的なストレスが溜まりやすい時期なので、充分な休息や睡眠を取るようにして下さい。

 

40代を過ぎると、女性ホルモンの分泌量が少しずつ低下してくるため、ホットフラッシュやのぼせ、発汗などの更年期障害の症状が見られるようになります。

 

40代に入ると、卵巣機能が低下して排卵が起こらない時もありますし、生理がこない月も出てきます。

 

朝の決まった時間に基礎体温を測定する習慣を身に付けるようにすると、排卵の有無を知ることができます。

 

婦人科の病気に罹っていると、生理前に不正出血が見られることが多いので、信頼できる病院やクリニックで診察を受けるようにして下さい。

 

子宮筋腫は女性には大変多い病気ですし、子宮がんも超早期で発見して適切な治療を受けることで、治癒しやすくなっています。

 

40代に入ったら、生理の異常を感じたら病院で診察を受けましょう。

 

Sponsored Link