生理前の症状

その生理前症状はPMSかも?気になる原因と対策まとめ

 

生理前に色々な気になる症状が出ることってありますよね。

 

よくある症状としては、胸の張りや体重増加、下痢、眠気、腰痛、頭痛、熱(体温の上昇や低下)、動悸、出血、吐き気、便秘、肩こり、冷え性、手足のむくみ、のぼせ、肌荒れ、めまいなどが挙げられます。

 

それに加えて、イライラしたり、不安になったり、やる気がなくなったり、集中力がなくなったりと、その症状は実に千差万別です。

 

こういった生理前の症状というのは、本来割と一般的によくあることです。時々起こったからといって、さほど気にする必要はないと言えますね。

 

 

ただ、こういった症状が毎回起こる方や症状がひどい方は、病気の可能性もあるので注意が必要です。

 

例えば、代表的なものがPMS(月経前症候群)ですね。排卵後に起こる女性ホルモンの減少によって、様々な不快症状が出てくるというものです。

 

このPMSが原因で悩まされている女性は非常に多く、生理をそれなりに体験した女性であれば一度は実感したことがあるのではないでしょうか?

 

 

このPMSによる生理前の症状を抑えるためには、まずストレスを避けることが大切になります。

 

なんとなく分かるかと思うのですが、こういった生理前の症状はストレスによってひどくなる傾向が強いんですよね。

 

例えば、学校や職場でストレスを感じた時期と生理前の症状が重なった時期に、症状が特にひどく感じるということはありませんか?

 

そういった場合、PMSの症状が強く出現しているという可能性が高いと言えます。

 

対策としては、睡眠時間を増やしたり、ストレスになる環境や状況を出来るだけ遠ざけるといった、ストレスを減らすような対処法が有効になります。

 

Sponsored Link

 

また、食生活を変えることもPMSの症状改善に効果的です。

 

PMSの時は血糖値が下がったり、女性ホルモンのバランスが崩れたり、ミネラルのバランスが崩れたりしているので、こういった身体の状態に合わせて食事を摂るのが効果的な対策になります。

 

例えば、イライラする時には血糖値が下がっている可能性が高いので、ゆっくりと血糖値を挙げてくれる穀物類、豆類、いも類などを食べるのが効果的です。

 

情緒不安定になっている時には、ホルモンバランスが崩れている可能性が高いですから、ホルモンバランスを改善してくれるビタミンBやマグネシウムなどを摂取するのが良いでしょう。

 

腰痛や頭痛、むくみなどの症状は、ミネラルバランスの崩れから起こりやすいので、塩分を控えたりビタミンEを取り入れるのがおすすめになります。

 

 

あとは、軽めの運動も効果的ですね。

 

PMSの症状は血行不良によって起こっている部分も大きいので、様々な症状の改善に役立ちます。

 

血行を改善するために、ジョギングやウォーキング、ストレッチなど、全身を動かすような運動を取り入れるのが良いでしょう。

 

Sponsored Link